2020年01月26日

単発記事 春節祭に行ってみた

「とりあえず、天王寺に向かうか...」


京橋駅のホームで、一人男が佇んでいた。


私の休みは、家の掃除と商店街での買い出し、梅田に繰り出すだけで終わる。
基本的に何の予定もない。

当日、遊ぼうと声をかけても、誰も来てくれない。
周りが忙しすぎるのか、私が暇すぎるのか...


一人は嫌いではないが、することもないため、
今回は趣向を変えて、天王寺に繰り出すことにする。
.........


「とりあえず、てんしばに向かうか...」

休みの日に一人、カフェで考え事に耽るのもいいだろう。
てんしば近くのタリーズに向かう。


さて、もうすぐタリー...
IMG_20200126_181703.jpg


やたら人が多いと思っていると、奥には催し物のアーケードが...!

「...!」

催しの名前を見て、感情が揺れ動く...
ふと、隣に目をやると、コンビニエンスストアがあった。

一直線に、メディカルコーナーに進んでいく。

IMG_20200126_133953.jpg
「やっぱりか...」
案の定、それは品薄になっていたが、辛うじて購入することができた。

IMG_20200126_134238.jpg
なるほど、お試しにシルキー素材のマスクが付いていた。
装着する。


そう、春節祭だ。
IMG_20200126_181736.jpg

ニュースの影響で、春節祭≒新型肺炎くらいの刷り込みをされているが、せっかくの機会だ。
ただ、念の為マスクを着用して参加することにする。

てんしばを囲むように、中国料理の屋台が軒を連ねている。

大学のときに食べた、臭豆腐の屋台もあった。
IMG_20200126_181802.jpg

そして、すごい人である。
IMG_20200126_181846.jpg

「病は気から」とも言うが、豆腐メンタルの私は、急に喉が痛くなり、熱っぽくなってしまった。
そう、豆腐メンタルは潜伏期間も無視するのだ。

例によって、半分ほどの人がマスクを着用している。
屋台の店員も然り。
春節祭とはいえ、厳戒態勢なのだろう。

てんしば中央では、ステージの上で舞踊を披露していた。
IMG_20200126_134909.jpg

春節祭とは関係ないが、
奥まで行くと、昨年11月からオープンしている「てんしばi:na(イーナ)」がある。
初めて見たが、ここのアスレチックがとても楽しそうだった。
IMG_20200126_181910.jpg

IMG_20200126_181937.jpg

IMG_20200126_181956.jpg

子どもたちのきゃっきゃした声を聞くと、みるみるうちに、体調が戻ってきた。
お腹も空いたので、なにか食べよう。

40ほどの屋台には、様々な料理が振る舞われていた。
国内の料理店が出品しているブースもあったが、せっかくなので本場っぽいお店にしよう。


「四川創意料理」と書かれたお店にした。
IMG_20200126_182023.jpg

おそらく、四川でポピュラーな料理が売られているに違いない。
手書きのメニューが、テントに貼られているが、「藤椒蹄花」という写真付きの料理をオーダーした。

生姜、玉ねぎ、青ネギ、パクチーなどの香菜のスープに、豚足が煮込まれている。
アクセントにレモンが添えられており、さっぱりとした味だ。
IMG_20200126_141035.jpg

やや辛いが美味い。


小腹を満たすはずだったのだが、他にも食べたくなり、別のお店で水餃子を食べた。
IMG_20200126_182048.jpg

IMG_20200126_143657.jpg
(ワンタンはサービスしてくれた。)


店奥の机で食べることにした。
食べる辣油もトッピングすると、更に美味しくなった。
IMG_20200126_143840.jpg


隣に中国人が座り、何かを私に言った。
その時は全く分からなかったのだが、
今思い返せば「いつもブログ見てます」と言っていたに違いない。

かくして、私の2020大阪春節祭は幕をとじた。

ーーーーーーーーーーーー
私は今、タリーズ店内でコーヒーを飲みながら、記事を書いている。


国内では3人目の新型肺炎感染者が見つかったそうだ。
また、中国でも団体旅行の禁止が発表された。


もし、私が感染すれば、2chで実名が特定され、
このブログも見つかり、
その日タリーズに勤務していた従業員が隔離される可能性だろう。


しかし、今や感染をゼロにすることはできない。
個人で出来る予防が重要になってくる。


何か言いたいのかというと、
手洗いうがいをしっかりしようってことだね!

IMG_20200126_183644.jpg
(座った席の前のテラスにきた、死ぬほどデカイ犬)
posted by ペイソンズ at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

【閲覧注意】虫カレーを作ってみた

巷で流行りの昆虫食、今ではクラウドファンディングで「いもむしゴロゴロカレー」なるものもあるようだ。

クラウドファンディングを待ってられない私は、昆虫食TAKEOから購入した虫たちを入れて、
美味しいカレーを作っていくことにする。




ーーーーーーーーーーーー
●昆虫たち

IMG_20200108_205639.jpg

カッコいいパッケージには、
「Orthoptera Mix」(Orthoptera:バッタ目)
「Black Scorpion」
と書かれている。

裏面には、日本語で食品表示が記載されている。
IMG_20200108_205646.jpg

バッタ目には、バッタ、コウロギ、オケラが含まれているようだ。
開けてみよう。

IMG_20200108_225736.jpg

ぎょえーーーー!


想像以上のインパクトだ。
小さな袋にバッタのような虫がぎゅうぎゅうに詰められている。
一方サソリは、乾燥剤の座布団にゆったりと座っている。

袋を開けてみる。

IMG_20200108_210024.jpg

ペットショップのカブトムシコーナーで嗅いだことのある匂いがする。
どちらもカリカリに仕上がっている。

バッタを一口食べる。

焦がしすぎた海老のしっぽのような味だ。
うまくはない。

スコーピオンはカレーにトッピングするので、置いておく。


早速、カレー作りに取り掛かろう。
IMG_20200108_210331.jpg

.......
●調理

IMG_20200108_214026.jpg

カレーの具材を煮込むところまで完了した。
早速、バッタたちを煮込んでいく。
IMG_20200108_214034.jpg


ぎょえーーーーー!
これで、コトコト煮込んでいこう。


煮込んでいる間に、バッタ目の3種を見比べてみる。
IMG_20200108_214501.jpg

左からコウロギ、バッタ、オケラだ。
食べやすさも、コウロギ<バッタ<オケラだ。

コウロギはカブトムシコーナー風味が強い。
オケラは、比較的食べやすかった。


そろそろ、煮込みを終えよう。

IMG_20200108_214554.jpg

ぎょえーーーーー!
水分を含んで、虫がテカテカしている。
虫のハラの縞々模様もくっきりとして、虫感が増している。

では、盛り付けだ。

●実食

IMG_20200108_215532.jpg

虫が顔をのぞかせたルーと白いご飯。
その上には、キングの如くスコーピオンが鎮座している。

スコーピオンもカリカリになっているが、お尻の針はしっかりと残っている。
IMG_20200108_215539.jpg


スコーピオンを一口かじる。

うん不味い。

カリカリであることは変わりないが、ケミカルな味がする。
学校のプールの塩素の風味がする。

ちなみに大きさは、こんな感じ。
IMG_20200108_215630.jpg

この一匹で1,980円もした。
割に合わない...


ご飯とルーをすくったときに、バッタが顔を覗かせるのが、かなりビビる。
こちらはどうだろう...

うん。
カレーだ。

やはり、カレーはすべてを上書きする能力がある。
今まで、いろいろなものを入れてきたが、すべてカレーが勝っていた。
そして今回、カレーは虫さえもなかったことにできた。


今後は、嫌な思い出や過去の失敗、前科もカレーで上書き出来るかどうかも検証していきたい。


ただ、一点、
虫入りのカレーを食べながらみるゴーン被告の会見ほど、
頭に入ってこないものはなかった...

ーーーーーーーーーーー
これで良かったのだろうか?

前回の虫を食べた記事にも記載しているが、
国際連合食料農業機関(FAO)は「食糧問題の解決策」として、昆虫食を勧めている。
この度作ったカレーは、豚肉や玉ねぎなどもしっかりと入っているカレーだ。

食糧問題が深刻化した場合、
今後の世界は、玉ねぎの代わりにバッタを炒め、
豚肉の代わりにワームやミミズなどを入れるカレーになるのではないだろうか。
そのような世界では、今の私では食事を楽しめなくなるだろう。

しかしながら、食糧問題は待ってはくれない。

日本や世界のフードメーカーが率先して、美味しい昆虫食を、世の中に出してくれるのを願おう。


そんなことを考えながら、洗い物を済ませる。

食卓のテーブルをふと見ると、なにやら虫の足のようなものが乗っている。

食べてみると、ひどくジューシーだった。


(参考)
ロケットニュース24
昆虫食の「いもむしゴロゴロカレー」を食べたら、思考回路はショート寸前
https://rocketnews24.com/2020/01/21/1323275/

posted by ペイソンズ at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

入籍してみた

この度、ペイソンズは学生のときからお付き合いしている、きゃなと入籍致しました。

YouTubeの撮影、投稿後のブログ批評など
ペイソンズの活動にご尽力頂いておりましたが、昨年のプロポーズを経て、1月4日に夫婦になりました。

IMG_20200104_232614.jpg

今後とも、ペイソンズのブログをよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーー
「YouTubeの動画、全部見たけど面白かったです。」
きゃなの上の弟は、Macを触りながら話した。


何度か、きゃなのご実家に遊びに行っているが、私がYouTubeのチャンネルの話しはしたことがなかった。

そもそも、大学生の頃に開設したチャンネルは5年ほど経っているにも関わらず、登録者25人と奮っていない。
最新の動画も、一年半前にアップした「コンタクトレンズを海に落とした人」だ。

面白い訳がない。


「今は、活動休止中やねん...」

小さく返事をすると、きゃな家のリビングは鈍い笑いに包まれた....



今後、私の活動は、より一層責任を持つ必要がある。
Lineにアップすれば、きゃな母のタイムラインに出てくるし、きゃなの親戚の方にも見られている可能性がある。

きゃな本人には、「ペイソンズと入籍した人」のレッテルが貼られるリスクが孕んでいる。

入籍後の私にはいい意味で、それらの責任があるのだ。


これからは、私個人的読者の皆さんにも安心安全で、誰ものニーズに応える記事を投稿していくぞ。
そうだ!
次回の投稿記事は「カレーに虫を入れてみた」にしよう!

(参考)
いしかわくんぺいチャンネル コンタクトレンズを海に落とした人
https://youtu.be/zews_TUIjaM
posted by ペイソンズ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする