2019年09月16日

第三回 カレーにアルコールを入れてみた 〜マッコリ〜



ウォッカ:マッコリ 麹醇堂 クッスンダンセンマッコリ

1.
玉ねぎを切って、
にんにく、生姜、人参をすりおろして、
玉ねぎと鶏肉を炒めて、
水を入れて煮込んだ。

2.
今回のアルコールは、マッコリだ。
IMG_20190908_130027.jpg

ただし、普通のマッコリではない。
発泡性の生マッコリだ。
ただ、この分量で600円と、少々高価な飲み物だ。
一口飲んでみたが、お米の甘さの中に、アルコールの風味が口に広がった。


今回は、韓国のお酒とインドのカレーのマッチングを検証していこう。

すりおろしの具材、生マッコリを入れる。
炭酸が聞いているのか、やや泡立っているようだ。
IMG_20190908_130113.jpg

3.
カレールー、牛乳、ペッパー類を入れて完成だ。
IMG_20190908_131217.jpg

•実食
IMG_20190908_131357.jpg
恐る恐る、カレーを口に運ぶ。

うん、少し甘い。
いつもよりも、甘いカレーに仕上がった...

ん?
ちょっと待てよ?これって...



甘いアルコールを入れてカレーを作ると、
甘いカレーができた...

これ、世の中の理じゃん!!
甘いものを使って料理すれば、甘いものができるじゃん!
これ、誰でもわかるじゃん!

私は、世の中の常識を、
わざわざカレーを使って証明していたというのか...

これは、ペイソンズのブログがお届けするべきコンテンツではない。
もっと、非日常な事を記事にするべきなのだ...

ーーーーーーーーーーーーーー
今回、実はYouTube用に動画を撮っていた。
念の為、見ていただきたい。



このあと、玉ねぎを切る手元を録画していたのだが撮れておらず、結局、YouTubeにアップすることは諦めてしまった。

ただ、痛いYouTuber感が溢れ出している。
録画の機材だって、一眼レフ用の三脚に、スマホをガムテープでグルグル巻にしているだけだ。
何なら、動画加工に使用するPCすら持っていない...

もし、このまま強行してYouTubeにつまらない動画をアップしようものなら、

「まずそうなカレー作るな、〇ね。」
「Who is this horrorman??」
みたいなコメントがついて、
マイナス評価が1000くらいついて、
キッチンから住居特定されて、大変なことになっていただろう。

兎にも角にも、このクソ面白くないカレーのシリーズにさっさとピリオドをうち、
皆様におかしな記事をお届けしなくては...

posted by ペイソンズ at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

第二回 カレーにアルコールを入れてみた 〜ウォッカ〜

第二回〜ウォッカ〜 カレーにアルコールを入れてみた

ウォッカ:ニッカ ウヰルキンソン•ウォッカ

1.
玉ねぎを切る。
このあたりは、前回と同じ工程だ...
IMG_20190901_193219.jpg

2.
にんにく1片、生姜片、人参をすりおろす。
※人参が小ぶりだったため、2本使用する予定でしたが、結局1本しか使いませんでした!
IMG_20190901_193524.jpg

にんにく、生姜、人参をすりおろした。
IMG_20190901_194502.jpg

3.
玉ネギを炒める。
IMG_20190901_194753.jpg

ちなみに、生ゴミを1日放置していたのだが、
エグい臭いが発せられており、コバエブンブン状態だった。

隣のコバエがホイホイも効力を失っている。

4.
鶏もも肉1/2枚を炒めていく。
IMG_20190901_195740.jpg

5.
水600ccを入れて、煮込む。
IMG_20190901_195925.jpg


6.
すりおろしの具材と、今回のアルコールを入れよう。

今回は、ウォッカだ。
IMG_20190901_200347.jpg

アルコール度数40度の強力なお酒だ。
匂いを嗅ぐと、強烈なアルコール臭がする。

これは美味しくなるのか...?

お約束通り、50mlを入れる。
IMG_20190901_200439.jpg

ビールと同じく、香りに変化はないし、見た目にも普通のカレーだ。
引き続き煮込んでいく。
IMG_20190901_200933.jpg

7.
カレールー、牛乳50mlを入れる。
IMG_20190901_201115.jpg

8.
仕上げに、ブラックペッパー、一味唐辛子を入れて完成。
IMG_20190901_201546.jpg

•実食
IMG_20190901_202202.jpg
ウォッカカレー...
ウォッカ自体、馴染みの無い酒なのに、
カレーに、入れてしまって大丈夫なのだろうか...

不安を感じつつも、カレーのスプーンを口に運ぶ...


うん。特に変化なし。
ウォッカのくさみも感じないし、ウォッカ味になっていることもない。
何なら、今回のカレーもにんにく感が強い事をくらいしか、感想がない。

これではいけないと思い、
カルピスと炭酸水、ウォッカでカルピスチューハイを作ってみた。
IMG_20190901_202650.jpg

いざ、実食...

うん。紛れもなくカルピスチューハイだ。
もう少し、濃く作れば美味しいカルチューだったろう...

かくして、カレーにウォッカを入れても、
何も起こらないことが証明された。

ーーーーーーーーー
すでに2回目で企画倒れ感が出てしまっている。
不味くもなく、美味しくもない、普通のカレーができてしまった。

いや、これは発見だろう。
カレーが、アルコール界の100キロ超級とも言うべきウォッカを無効化したのだ。

カレー>ウォッカなのだ。


ただ、「これでいいのか?」という思いが強くなり、インターネットで調べてみると、
下記のようなサイトを見つけた。

『カリスマブラザーズ カレーを作る時の水を全部ウォッカにしたの誰だよ!!!【ウォッカレー】』
https://youtu.be/xEfmA4OeK_g

世の中には、すでにアイデアが溢れている。


posted by ペイソンズ at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

第一回 カレーにアルコールを入れてみた 〜ビール〜

はいどうもー!Curry婦人です!
ちがうか!

ーーーーーーーーーーーー
一斉を風靡した、カレー記事...
前回よりもパワーアップして、このペイソンズのブログに帰ってきた!

その名も、「カレーにアルコールを入れてみた」シリーズ...!
一般的に、カレーを作る際の隠し味として、ビールやワインを入れるのは一般的な話である。

今回は、様々なアルコールを入れ、どのアルコール飲料が一番美味しいのかを、検証していきたい。
また、条件を揃えるために、食材及び分量は以下の通りとする。

●食材
にんにく  一切れ
生姜    少し
人参    一本
玉ねぎ   一つ
鶏もも肉  1/2枚
水     600cc
牛乳    50cc
一味唐辛子 少々
黒胡椒   少々
カレールー(ジャワカレー辛口、こくまろカレー中辛のブレンド)

アルコール 50cc

それでは、作っていこう。

ーーーーーーーーーーーー
第一回カレーにアルコールを入れてみた 〜ビール〜

ビール:アサヒスーパードライ

1.
玉ねぎを切っていく。
IMG_20190819_123546.jpg

ところで、前回の記事では玉ねぎをみじん切りにしていたが、
カレー専門紙によると薄切りのほうが美味いらしい。
今回は、その情報を鵜呑みにして、カレーを作っていく。


薄切りにした。
玉ねぎ1個は、なかなかのボリュームがある。
IMG_20190819_124003.jpg

2.
にんにく1片、生姜片をすりおろす。
IMG_20190819_124427.jpg

写真ではわかりにくいが、このにんにく、かなりデカい。
ドラキュラの致死量レベルだ。

生姜は適当にすりおろしていく。

3.
人参1本もすりおろす。
IMG_20190819_124915.jpg

冷蔵庫に長い間入れていたため、黒ずんでいる。
そして、中の水分が少なくなっているのか、ふにゃふにゃだ。
しかし、食べられそうなので、この死にかけ人参もすりおろす。

にんにく、生姜、人参をすりおろした。
IMG_20190819_224538.jpg

4.
ホーロー鍋に、少し多めのサラダ油をいれ、玉ネギを炒めていく。
IMG_20190819_125723.jpg

10分弱炒めた。
IMG_20190819_130617.jpg

ベッコウアメのようにキラキラと、輝いている。
炒めている途中、油を足したので、鍋のそこに溜まる程度に入れてもいいかもしれない。

5.
鶏もも肉1/2枚を炒めていく。
IMG_20190819_130944.jpg

鶏肉に火が通った。
IMG_20190819_131229.jpg

6.
水600ccを入れて、煮込んでいく。
いつもならこの水の量も適当だが、記事のため正確に計っていこう。
IMG_20190819_131309.jpg

アクが出るので、取っていく。
カレー粉を入れていないにも関わらず、既にカレーのような色をしている。

7.
すりおろしの具材をいれ、再度煮込む。
IMG_20190819_131914.jpg

そして、このタイミングで、ビールを入れる。
今回使用するビールは、スーパードライだ。
IMG_20190819_131940.jpg

そして、これは酒場で売っていた、最も小さい135ml缶だ。
おそらく、このサイズのビールを買うことは、あとにも先にも無いだろう。

これも、しっかりと量を計って、鍋に投入する。
IMG_20190819_132022.jpg
残りの85mlは、胃に流し込んだ。

ビールを入れると、やたらと泡立ってきた。
IMG_20190819_132347.jpg

炭酸の仕業なのだろうか。
香りには特に変化はない。

引き続き煮込んでいく。


8.
カレールーを入れていく。
IMG_20190819_132430.jpg

このシリーズで使用するのは、
「こくまろカレー中辛」「ジャワカレー辛口」だ。
このルーを使った理由は、単純に家にあったからである。
そのため、今後の記事もこのルーで行っていく。

ちなみに、余ったルーは写真のようにラップをして、冷凍庫で保存できる

9.
牛乳50ccを入れる。
IMG_20190819_132815.jpg

10.
仕上げに、ブラックペッパー、一味唐辛子を入れて完成だ。
IMG_20190819_133053.jpg


•完成
IMG_20190819_133511.jpg

ルーを口に入れると、いつものようにカレーの風味が口いっぱいに広がって...

ん?
思ったよりも、広がらない...?
カレーの風味は弱くなり、ほんの少しビールの苦味、爽やかさが鼻から抜ける。

美味い。

大人の酸い甘いはあまりわかっていない私だが、
このカレーには大人の美味さが閉じ込められている。
確実にビールのおかげだ。

にんにくによって、パンチもきいている。

カレーには、変な食材はいらない。
ビールで十分だ...!

ーーーーーーーーー
前回のあいりん地区の記事であるが、
様々なSNSで反響があった。
特に、今までほとんど絡んだことのない人からのイイねは驚いたし、素直に嬉しい。

以前の国際劇場ももそうだったが、
修行や野宿、など、少し危険(?)を伴う内容がウケるのだなと仮説付けている。

確かにYouTubeでも、ゲーム実況、猫動画に並んで、
「〇〇の心霊スポットに行ってみた」「海外のやばいところ行ってみた」などの、体を張った動画が人気を集めているのは事実だ。



では、カレーはウケない?

それは、否である。

私の仮説を、
私の手で、私のカレーで崩していく所存だ。

危険な記事が好きな読者の皆さん、このカレーの記事で、

「もう、このクソつまらんカレーブログ更新すんなボケ」なのか、

「よし、今日はカレーを作ろう!確か作り方は...えっと『ペイソンズのブログ』と...」

になるのか...
いざ、勝負...!!!
posted by ペイソンズ at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする